4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&Aポイントについて


カートを見る

キャッシュレス・消費者還元についてのお知らせ

キャッシュレス決済でお支払いをすると、金額の5%のポイント還元を受けられます。
詳細はこちら>

プリモディーネ高濃度ビタミンVCローション100mL
プリモディーネなごみ炭酸スパウォッシュ プリモディーネクレンジング
プリモディーネ公式LINE プリモディーネお得な定期コース

プリモディーネランキング

ビタミンC誘導体ってなに?
Shopping guid / ガイド
配送料|4,000円以上送料無料

お支払いについて

フレアポイントについて

お問い合わせ
Media / メディア情報
Mobile site / モバイル
QRコード

https://flair-shop.jp/

なごみ炭酸スパウォッシュ体験レポ プリモディーネお友達紹介キャンペーン 食すビタミンC
HOME  >  ビタミンC・美容情報 >  ビタミンC誘導体配合の化粧水でゆらぎ肌対策|プリモディーネ

ビタミンC誘導体配合の化粧水でゆらぎ肌対策|プリモディーネ


今や美肌に欠かせない美容成分の1つでもあるビタミンC誘導体。私たち日本人のデリケートなお肌に合うビタミンCコスメはどれ?ビタミンC誘導体コスメを選ぶポイントと今話題のおすすめ化粧水をご紹介。


季節の変わり目に多いゆらぎ肌の原因は?

季節の変わり目になると、「今まで使っていた化粧品が合わなくなった」「肌に違和感がある」というご相談がとても多くなります。4つの季節にはそれぞれ特徴があり、気温や気候も異なるので季節に応じたケアが必要です。

例えば、夏から秋への移り変わり。一年を通してお肌に負担がかかる季節といえば夏を思い浮かべる方が多いです。夏は確かに強い陽射しと紫外線、そしてそんな紫外線からお肌を守るために強力な日焼け止めを塗るので、確かに皮膚へかかる負担は大きなものになります。にもかかわらず、陽射しが和らいで涼しくなる秋になっても肌のコンディションが戻らない、いわゆる「秋のゆらぎ肌」には明確な理由があります。
夏場に降り注ぐ紫外線は肌に対して少なからずダメージを与え、その結果肌が本来持つバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下すると、当然皮膚は外部からの刺激に弱くなり、季節の変わり目にみられる気温・湿度の変化に過剰に反応するだけでなく、花粉やチリなどの小さな異物にもダメージを受けてしまうようになります。

秋のゆらぎ肌の兆候が見られたら、化粧水などのスキンケア品の見直しを行うと良いのですが、これを行っている人はそれほど多くありません。低下したバリア機能を補うためにも、化粧水や美容クリームはその季節や肌の状態に合わせたものを使用しましょう。

きれいなお肌に欠かせないビタミンC

季節の変わり目で揺らぎ肌になったお肌に効果があるのがビタミンCです。
ビタミンCは健康な身体作り欠かせない成分ですが、美容やスキンケアにも関与してきます。例えば、人間の「老い」の原因でもある身体の酸化を抑える抗酸化作用やなども、ビタミンCが関係しているのです。そのため、女性の多くが日頃使用している化粧品にもビタミンCやビタミンC誘導体が含まれているものは多くあります。お肌に与えることで瑞々しい皮膚を作るため、特にスキンケアに配合されている場合が多いです。

ビタミンCは食事やサプリメントからも補給することができますが、スキンケアを目的とする場合は、やはり肌に直接与えてあげることでより高い効果を実感することができるでしょう。というのも、ビタミンCを食事やサプリメントで接種した場合、美容ではなく健康に使用されてしまうことが多いのです。ビタミンCには心臓・胃・甲状腺などに優先的に使用されてしまうため、瑞々しいお肌を求めてビタミンCを接種するなら、やはり肌に直接塗布することをおすすめします。
そこで注目されるのが、ビタミンCが配合されている化粧品です。今やビタミンCがお肌に良いのは誰もが知るところであり、ビタミンCコスメは数多くありますが、ビタミンCコスメを購入する上で着目したいのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体とは?

美肌の鍵となるビタミンCですが、化粧品に含まれるビタミンCはビタミンC誘導体とピュアビタミンCの2種類です。
ビタミンCには抗酸化作用やニキビの予防、シミの原因となるメラニン色素の抑制など様々な効果がありますが、一方で安定性が低い、水溶性のため水に溶けると活性がなくなってしまう、空気に触れることで酸化しやすい、そもそも肌に吸収されにくいというような問題点も多々ありました。せっかくビタミンCが配合されている化粧品を肌に塗布しても、これでは十分な効果が得られません。

ビタミンC誘導体とは、このようなビタミンCの弱点や問題点を改善・改良したものです。ビタミンC誘導体は肌に吸収されやすく、角質層まで浸透してビタミンCに変化するという特質を持ちます。
ただし、ここで気をつけたい点は、ビタミンC誘導体がビタミンC誘導体に変化するには、誘導体部分を切られる必要があるという点です。誘導体が切られないままではどれだけたっぷりビタミンC誘導体をお肌に塗っても、ビタミンCには変化せず十分な効果が得られないことを覚えておきましょう。
一方ピュアビタミンCは、ビタミンC誘導体よりも即効性があるという特徴があります。ただし、ピュアビタミンCはビタミンC同様不安定な成分であり、安定させるための技術が必要とされます。

ビタミンC誘導体の選び方

ビタミンC誘導体の種類は、大きくわけて3つ。「水溶性ビタミンC誘導体」と、「油溶性ビタミンC誘導体」、そして最後に今回注目したい「新型ビタミンC誘導体」、すなわち「APPS(アプレシエ)」です。
これらにはそれぞれ特徴があり、例えば水溶性ビタミンC誘導体は速効性があります。対して油溶性ビタミンC誘導体は浸透力があります。速効性と浸透力、どちらも化粧水をはじめとするスキンケア用品には欠かせないポイントですが、やはり理想は速効性と浸透力が両立している成分です。新型ビタミンC誘導体であるAPPSは、水溶性・油溶性ビタミンC誘導体が持つ特徴である速効性と浸透力をあわせもつ高浸透型ビタミンC誘導体で、お肌への刺激も少ないことからスキンケアに最適の成分です。

APPS(アプレシエ)の特徴

APPS(アプレシエ)の大きな特徴の一つが、高い浸透力です。肌奥までぐんぐん浸透して効果を発揮します。また従来のビタミンC誘導体と比べると高濃度なので、一層の効果が期待できます。これにより、肌トラブルの原因を根本から解決することができるのです。もちろん保湿力も高く、肌の深部まで浸透することでハリのある瑞々しい皮膚を作ってくれます。
APPSは新しいビタミンC誘導体なので、ビタミンCコスメ全てがAPPSを配合しているわけではありませんが、だからこそAPPSが配合されているか否かは商品を購入する一つの大きな基準になり得るでしょう。

ビタミンC誘導体の濃度と効果は比例する

ビタミンC誘導体がたっぷり配合されている化粧品やスキンケア用品が優れている点は、やはり高濃度のビタミンC誘導体を効率良くお肌に塗布できる点です。ビタミンCから得られる効果は、ビタミンC誘導体の濃度が上がるほど高くなることが分かっています。お肌に潤いを与えるために使用する場合ももちろんですが、エイジングケアやシミの改善のためにビタミンC誘導体の効果を求めている場合は、肌の内部にビタミンCをたっぷりと届けてあげることが重要になるため、濃度が高いビタミンC誘導体コスメを選ぶ必要があります。

しかし、ビタミンC誘導体配合を売りにしている化粧品の中には、どの程度ビタミンC誘導体が配合されているのか分からないというものも少なくありません。現在使用している基礎化粧品のビタミンC誘導体の濃度が分からない場合は、ビタミンCが高配合されている基礎化粧品を塗り重ねることでカバーすると良いでしょう。

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水

プリモディーネのシーバムコントロールVCローションIIは、浸透力の高い「APPS(アプレシエ)」と水溶性ビタミンC誘導体である「Amitos 3GA」が高濃度配合された化粧水です。なんとその配合率は、APPS(アプレシエ):1%+Amitos 3GA:8%=【9%】!!雑誌CanCamでも、高濃度配合部門1位を獲得しています。

シーバムコントロールVCローションII WのビタミンC誘導体を独自処方!!低刺激+保湿+エイジングケアができる美容液のような化粧水。
香料や着色料、パラペンなど無添加処方で敏感肌の方にもおすすめ!

プリモディーネ VCローションII ▶



従来のビタミンC誘導体よりも皮膚でのビタミンC濃度が高いので肌の深部までぐんぐんと浸透していき、ビタミンCが持つ効果をしっかりと発揮することができます。元々ビタミンC誘導体自体が普通のビタミンCより高い効果を持っており、更に従来のビタミンC誘導体より優れているAPPSが配合された化粧水は、その浸透力で肌トラブルを根本から解決します。

また、化粧水として使用する以上は保湿力の高さが必須条件になりますが、シーバムコントロールVCローションIIには高保湿成分であるリピジュアが配合されているため、高い保湿力が期待できます。さらに、αアルブチンやハトムギエキスなどの美容成分も配合された、まさに美容液のような化粧水です。

まとめ

いかがでしたか?季節の変わり目はもちろん、ニキビやニキビ跡、毛穴トラブルにも人気の高いビタミンC誘導体で、年中揺らぎ知らずの強くて健康な肌を手に入れましょう!