4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&Aポイントについて


カートを見る

消費税率についてのお知らせ

2019年10月1日より消費税及び地方消費税の改正に伴い、フレアショップでは新消費税率を適用とさせていただきます。
詳細はこちら>

プリモディーネVCローション100mL
プリモディーネなごみ炭酸スパウォッシュ プリモディーネクレンジング
お得な定期コース

ランキング

Shopping guid / ガイド
配送料 4,000円以上送料無料

お支払いについて

ポイントについて

お問い合わせ
Media / メディア情報
Mobile site / モバイル

https://flair-shop.jp/

HOME  >  ビタミンC・美容情報 >  【徹底解説】しつこいニキビにビタミンC誘導体が効く理由

【徹底解説】しつこいニキビにビタミンC誘導体が効く理由



ニキビの原因になってしまう、日ごろの様々な原因

身体に何かと良い効果のうたわれるビタミンC。近年、美容外科や医療法人ではビタミンCを食べて摂取するのではなく、点滴や注射で摂取することで吸収率を上げ、血中のビタミンC濃度を20~40倍に高めるという施術方法が広まっています。多くの哺乳類と異なり、意識して摂取しないと人間の体内で作られる事が無いビタミンCは、他のビタミンにあるような危険な摂取量の上限がありませんが、食べて摂取した場合の吸収率は悪く殆どが排泄されてしまいます。しかし注射・点滴で直接血液中に取り込むことで、吸収・排泄のプロセスを踏むことなく、濃度が高い効率の良い摂取方法が確立されています。

特に美容面では、ビタミンCは肌の弾力に関わる細胞コラーゲンであるエラスチンを増やす効果があり、肌の保水力を高める、シワ・タルミを予防するなど、これらはみずみずしい肌に重要な要素です。他にも、シミ・くすみの原因となるメラニンの生成を抑える美白効果、身体に有害な活性酸素に対する抗酸化作用で疲労回復力のUP、免疫力が上がるので風邪などの感染症予防にもつながります。

また、タバコを吸う人は、タバコに含まれるニコチンがビタミンCを破壊する為、吸わない人よりもよりビタミンC摂取量が求められますが、これも注射での血管注入であれば効率よく行うことができます。

何度も出来てしまうニキビ対策に重要なのは

まずはニキビの原因である皮脂対策と、インナードライ肌の方は乾燥対策をすることがニキビを抑える肌作りとして大切です。

・洗顔をし過ぎない

過剰な洗顔は、本来肌に必要な皮脂までも落としてしまうことがあります。また、肌をこすることで肌の表皮を壊してしまい、肌内部の水分の蒸発や外部からの刺激を受けやすくなります。

・あぶらとり紙などで過剰に皮脂を拭き取らない
洗顔と同じく、皮脂を取りすぎてしまう可能性があります。どうしても気になる時は、軽く1回抑える程度にしましょう。その後に化粧水などで保湿することもおすすめします。

・化粧水などでしっかり保湿する
肌内部の乾燥が原因で皮脂の過剰分泌が起こるインナードライ肌は、化粧水や美容液などで肌の内側までしっかり保湿することが大切です。浸透力の高いビタミンC誘導体などが配合された化粧水がおすすめ。

・生活習慣の見直し
食べ物や就寝時間、ストレス度合いなども肌荒れに大きな影響を与えます。

ニキビができにくい肌対策・スキンケア編

ニキビ対策でまず誤解を生みがちなのは、皮脂は必ずしも悪いものではない、ということです。確かに、増えすぎた皮脂が毛穴に詰まる事で雑菌が繁殖して起きる炎症がニキビです。しかし皮脂が分泌されるのはあくまで肌の内側からの水分の蒸発を防ぐためであり、この乾燥が無くなれば皮脂分泌量は次第に改善されていきます。合成界面活性剤などが配合された洗顔料やクレンジング剤は、洗浄力は強力ですが肌に残すべき量の皮脂も洗い去ってしまい、乾燥と皮脂分泌量は増えてしまいます。あぶらとり紙も同様に、必要な皮脂を取り去ってしまう上に肌に摩擦の刺激を与えてしまう為、ニキビ対策には推奨できません。洗顔は1日に1度か2度、皮脂を落とし過ぎないように30℃前後のぬるま湯を使い、洗顔剤は使うとしても天然成分の石鹸が望ましいです。

そして洗顔後は肌に化粧水で水分を補給します。一般的に、化粧水や美容液には肌へ良い成分が配合されていますが、特にビタミンC誘導体が配合された化粧水は過剰な皮脂分泌やインナードライ肌の改善に大きな効果が期待できます。近年、注目されているビタミンC誘導体が「APPS(アプレシエ)」という、浸透力が従来の100倍と優れたちからを持つ成分。高濃度かつ長期的に取り入れることで、効果が得られやすいとされています。

ビタミンCファンから絶大な支持を受けている化粧水がプリモディーネのVCローションII。

シーバムコントロールVCローションII WのビタミンC誘導体を独自処方!!低刺激+保湿+エイジングケアができる美容液のような化粧水。
香料や着色料、パラペンなど無添加処方で敏感肌の方にもおすすめ!

プリモディーネ VCローションII ▶



このプリモディーネのVCローションII、驚くべきはビタミンC誘導体の濃度!なんと、APPS(アプレシエ)が1%と、さらに保湿型ビタミンC誘導体「Amitose 3GA」が8%も配合されています!
通常、ビタミンC誘導体といえば高濃度だと刺激を感じるとされており、化粧品での配合はごく少量でした。しかし、量が少ないということは効果も得られにくいということ。そんな声に耳を傾け、研究を重ねて完成したのがこのVCローションIIです。

刺激があるという点では皮脂トラブルに多いニキビやニキビ跡など、肌が荒れた状態で使うには少し抵抗がありますが、プリモディーネのVCローションIIはそのような方でも安心できる低刺激処方。これまでビタミンC誘導体のスキンケアが肌に合わなかった方も一度試してみる価値ありです。

シーバムコントロールVCローションお試しセット 高濃度ビタミンC化粧水VCローションIIを、まずは気軽に試してみたい方におすすめ!
約7日分のトライアルサイズ。

プリモディーネ VCローションIIお試しセット ▶



ニキビができにくい肌対策・生活習慣編

睡眠不足、肌への刺激を与える癖や状態の改善もまた、ニキビの原因改善につながります。不規則な生活で睡眠不足な人、特に夜の10時~深夜2時にかけて起きていると質の良い睡眠がとれず、ホルモンバランスの乱れ、肌の新陳代謝、免疫力の低下につながり、ニキビが悪化しがちです。髪の毛やスマホなど、無意識に長時間フェイスラインに触れがちな物は意識してなるべく触れないようにし、枕カバーやタオルなどは毎日変えて、繁殖した雑菌による刺激を避ける事もニキビ対策につながります。

まとめ

いかがでしたか?一度にたくさんの対策をするのは大変ですが、1つずつ見直していくことできっと良い方向に向かうでしょう。スキンケアや生活習慣など自分のライフスタイルにあった方法でニキビ・ニキビ跡対策をしていきましょう!