4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&Aポイントについて


カートを見る

HOME  >  ビタミンC・美容情報 >  【朗報】シミ予防にはビタミンC誘導体が効果的だった!

【朗報】シミ予防にはビタミンC誘導体が効果的だった!


日焼け止めや保湿など、美肌になるためのさまざまな紫外線対策に「正直、毎日やるのは面倒くさい…」と思っている方もいるのでは。その気持ち、とってもわかります!でも、日焼けで生じた肌のダメージをそのままにしておくと、いつの間にか毛穴が開いて肌が荒れたり、シミができてしまうこともあります。今回は、紫外線で傷んだ肌を守ってくれて美白効果の促進が期待できる、ビタミンC誘導体の化粧水についてお話したいと思います。


どうして紫外線がダメなの?シミの直接の原因

皮膚は、約28日周期で新しい細胞に生まれ変わります(=ターンオーバー)。紫外線を浴びて作られたメラニンも、ほぼ28日で古い細胞とともにはがれ落ちるのですが、ストレスや食生活、ホルモンバランスの乱れなどさまざまな原因によって、剥がれ落ちるはずのメラニンを体外へ出す力が弱くなり、そのまま色素沈着してしまうことがあります。これがシミです。できるだけ日焼け止めで紫外線から肌を守ることをおすすめしているのは、こういうしくみががあるからです。

老けて見られちゃう?シミがある人の印象は

シミがある人はどうしても、実年齢より見た目が老けて見えることが多いのではないでしょうか。また、肌全体をくすんで見せてしまう原因になってしまうため、不健康なイメージになることもあります。

特に夏は、紫外線のダメージや冷房で肌が乾燥しがちで、シミができやすくなります。できるだけ日焼け止めをこまめに塗り、できればビタミンC誘導体化粧水で新陳代謝を活発にさせましょう。シミが少なく、透明感のある肌は表情を明るく豊かに見せてくれます。旅行やイベントなど、いろいろなイベントで外出の機会も多くなるでしょう。できるだけ綺麗な肌をキープしたいものです。

ビタミンC誘導体って何?

美肌効果や抗酸化など、肌へのさまざまな効果が期待できるビタミンCですが、そのままではなかなか肌に浸透しにくい物質なのです。そこで、ビタミンCの肌の内部に届けやすくなるよう改良したものが、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、大きく分けて水溶性、脂溶性、両性の3種類に分けられます。

>水溶性ビタミンC誘導体
水に溶けやすく、即効性が特徴のビタミンC誘導体です。主に化粧水などによく配合されています。

>脂溶性ビタミンC誘導体
脂に溶けやすく、浸透力に優れたビタミンC誘導体です。主にクリームやジェルなどによく配合されています。

>両性ビタミンC誘導体
水溶性と脂溶性の長所を持ち合わせ、高い浸透力と即効性が特徴のビタミンC誘導体です。APPS(アプレシエ)と言われる進化型ビタミンC誘導体が今美容界で注目を集めています。

ビタミンC誘導体は、厚生労働省に効果が認められた美白成分のうちの1つです。シミの元であるメラニン色素を作りにくくする作用があるため、紫外線ダメージによるシミの予防に効果が期待できます。

ビタミンC誘導体化粧水の選び方とは?

ビタミンC誘導体にはさまざまな種類がありますが、上でもご紹介した進化型ビタミンC誘導体「APPS(アプレシエ)」配合の化粧水がおすすめです。

中でも、APPS(アプレシエ)が高濃度で配合されているプリモディーネのVCローションなら、より高い浸透力と即効性で紫外線ダメージをケアできるとSNSでも話題です。

シーバムコントロールVCローションII WのビタミンC誘導体を独自処方!!低刺激+保湿+エイジングケアができる美容液のような化粧水。
香料や着色料、パラペンなど無添加処方で敏感肌の方にもおすすめ!

プリモディーネ VCローションII ▶



ビタミンCは濃度が高ければ高いほど効果があると言われる一方、肌への刺激も強くなる性質です。しかし、プリモディーネのVCローションは、より効果が得られ、肌への刺激も少ない限界の濃度での配合を実現したアイテムなので、敏感肌の方でも安心して使えるでしょう。

化粧水としてだけでなく、浸透力を活かしてブースター(導入液)としても愛用者の多いアイテムですので、今ご使用中のスキンケアにプラスするだけでも効果が期待できます。

毎日無理なく少しずつのお手入れを

強烈な紫外線をできるだけ防ぐ、ビタミンC誘導体でしっかり栄養をチャージするなど、毎日のシミ対策がくすみのない透明感のある美肌へと変化を促してくれます。とはいえ健康が美肌への近道!しっかり体を休めてきちんと休息をとり、何よりもストレスを溜めず、今よりきれいな肌を手に入れてください!