4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&Aポイントについて


カートを見る

キャッシュレス・消費者還元についてのお知らせ

キャッシュレス決済でお支払いをすると、金額の5%のポイント還元を受けられます。
詳細はこちら>

プリモディーネ高濃度ビタミンVCローション100mL
プリモディーネなごみ炭酸スパウォッシュ プリモディーネクレンジング
プリモディーネ公式LINE プリモディーネお得な定期コース

プリモディーネランキング

ビタミンC誘導体ってなに?
Shopping guid / ガイド
配送料|4,000円以上送料無料

お支払いについて

フレアポイントについて

お問い合わせ
Media / メディア情報
Mobile site / モバイル
QRコード

https://flair-shop.jp/

なごみ炭酸スパウォッシュ体験レポ プリモディーネお友達紹介キャンペーン 食すビタミンC
HOME  >  ビタミンC・美容情報 >  初夏の紫外線は油断大敵!浴びてしまった紫外線はビタミンC誘導体でケアしよう

初夏の紫外線は油断大敵!浴びてしまった紫外線はビタミンC誘導体でケアしよう


4~6月にかけて量が増えると言われている紫外線は、肌老化の原因になり肌トラブルが増えます。そんな紫外線のケアはビタミンC誘導体が効果的だとご存知ですか?


目に見えない肌の敵

年度末の仕事や家族の行事も落ち着き、外出するのに気持ちのいい時期がようやく訪れた初夏。野外でのイベントや、行楽に訪れる機会もだいぶ増えてきたのではないでしょうか。しかしこの時期とにかく注意したいのが、目に見えない紫外線の存在です。

女性にとって聞くだけで恐ろしくなる「肌老化」。実はその8割は紫外線によるものという話もあります。
紫外線による肌トラブルを防ぐためのケアの必要性は、夏本番になる前、初夏の段階からもう始まっているのです。

意外に高い、初夏の紫外線量

紫外線というと、夏のイメージが強いですが、実は1年中お肌のための紫外線対策は必要だと言われています。右ハンドルの車を運転される方の右側の腕にだけしわやたるみ、シミなどが目立つという話はよく聞きますが、紫外線がお肌に与える影響というのはそれだけ大きいのです。

また、夏以外の紫外線量はあまり注目されていませんが、実は紫外線量のピークは春先から始まっていて、5月ごろにはもう夏本番と同程度の紫外線量だというデータもあるくらいです。ケアの意識が薄い分、この初夏の時期の紫外線が、いつの間にか肌に悪影響を及ぼしかねないため注意が必要なのです。

外からの紫外線ケアには、サングラスと日焼け止めのダブル使い

紫外線には実は2種類あるというのをご存知でしょうか。UVAとUVBと呼ばれるもので、それぞれ性質の違うこの2種類の紫外線をブロックするためのポイントは3つです。

1)日差しが弱い場所でも、短時間でも紫外線ケアを怠らない 初夏の時期はUVAとUVB共にその量はピークを迎えています。目に見えない紫外線、直接日差しに当たらなければ大丈夫ということはありません。手を抜きがちな、天気の悪い日やベランダなどへの短時間の外出、室内であっても紫外線は肌に影響を及ぼしているのです。

2)UVAには日焼け止めで対応
UVAは帽子などでは防ぐことができないので日焼け止めでの日常ケアは欠かせません。日焼け止めに表示されているSPFやPAという値のうち、PAがこのUVAの防止効果を表します。高ければその分肌への負担も考えなければなりませんので、日常生活であれば、PA++程度の表示のものを選びましょう。

3)サングラスで目から入る紫外線もカット
UVBに関してはサングラスによる紫外線ブロックも効果的です。目から入る紫外線、実は目の周りの皮膚に影響を及ぼすため、気になる目元のシミ・シワ・たるみなどにも影響するといわれています。顔の印象を大きく左右する目元。対策しすぎということはありません。

防ぎきれない紫外線、肌内部からの対策はビタミンC誘導体で

ここまで紹介してきて、紫外線の肌への影響から逃れるのは外からブロックするのに限界があることに気づかれた方も多いでしょう。だからこそ、紫外線の影響を内側からケアする必要があります。

内側からの紫外線ケアに最も有効な成分の一つがビタミンC誘導体です。そもそも美白成分として有名なのはビタミンCですが、ビタミンCを肌に直接塗ったとしても肌に刺激が出てきてしまう他、ビタミンCは水にしか解けないので、肌の奥までは浸透しません。それではと口から摂取したとしても、その性質から尿と一緒に数時間後にはほとんど排出されてしまいます。

ビタミンC誘導体というのは、肌への浸透力を高め刺激を抑えるなど改良を加えたビタミンCのこと。したがって一般的に知られているビタミンCの美白効果と同等の効果を、より直接的に肌に届けることができるというわけです。

ビタミンC誘導体には、紫外線のダメージから生成されるメラニンを抑制してくれる働きがあります。さらに紫外線の影響で失われる肌のはりやつやなども、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果があるビタミンC誘導体によるケアを早期に行えば、浴びてしまった後のケアには最適です。これらの効果を実感するためにおすすめなのが、ビタミンC誘導体が高濃度、低刺激に注意して作られた化粧水での日常からのケアです。特別にエステやクリニックなどに通うよりも、日々降り注ぐ紫外線への対策には最適といえます。