4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&Aポイントについて


カートを見る

プリモディーネVCローション100mL
プリモディーネクレンジング
お得な定期コース

ランキング

Shopping guid / ガイド
配送料 4,000円以上送料無料

お支払いについて

ポイントについて

お問い合わせ
Media / メディア情報
Mobile site / モバイル

https://flair-shop.jp/

HOME  >   【完全版】セラミド化粧品の選び方とは?-種類と効果について-
【完全版】セラミド化粧品の選び方とは?-種類と効果について-

肌の潤いを保ち、さまざまな肌トラブルから守ってくれるセラミド。化粧品で効率よく補うには○○の見極めが大切?!今回はそんなセラミド化粧品の選び方について徹底解説します。

セラミドとその重要性について

セラミドは表皮の最上層である角質層にある成分で、水分保持の点で大きな役割を担っています。
セラミドは細胞間脂質の1つで、細胞間脂質にはセラミド以外にも遊離脂肪酸やコレステロールなどがあります。その中でも主成分となっているのがセラミドで、細胞間脂質のおよそ50%を占めています。セラミドが十分にあると水分の保持力が維持されるので乾燥によるお肌のトラブルを避けることができます。
また、角質層は紫外線などの外部の刺激から肌を守る働きがあるので、セラミドは肌のバリア機能を保つためにも重要な役割を果たしています。このようにセラミドは肌の潤いや健康を保つ上でなくてはならないものですが、残念ながら加齢に伴い減少していくので外部から補っていく必要があります。

セラミドはどうやって作られる?

セラミドはターンオーバーの過程で生成されます。
ターンオーバーとは新陳代謝のことで、皮膚はおよそ28日ごとに生まれ変わります。肌の最も深い部分にあるのが基底層ですが、ここで表皮細胞が生まれます。これが徐々に有棘層、顆粒層、角質層というふうに上がっていきます。上がりながら表皮細胞は核を捨てて死にますが、その時にセラミドが生成されます。
ターンオーバーが正常ならセラミドも十分生成されますが、睡眠不足やストレスが原因でターンオーバーのサイクルが乱れると不足するようになります。セラミドが十分生成されないと肌が乾燥したり、敏感になってトラブルが起きてしまいます。
ですから、ターンオーバーが正常になされるように規則正しい生活やストレスの軽減、バランスのとれた食事などを心がける必要があります。

セラミドの種類について

人間の皮膚にあるセラミドにはいくつかの種類があります。

セラミドEOP(旧称:セラミド1):バリア機能を強化・維持し、肌を守ります。
セラミドNG(旧称:セラミド2):水分保持機能が高く、水分のバランスを保ちます。
セラミドNP(旧称:セラミド3):水分保持機能が高く、シワを浅くする働きがあります。
セラミドEOH(旧称:セラミド4):バリア機能を構築したり、それを維持する働きがあります。
セラミドAS(旧称:セラミド5):シワを浅くし、ターンオーバーを促進します。
セラミドAP(旧称:セラミド6):水分を保持し、ターンオーバーを促進します。
セラミドAH(旧称:セラミド7):皮膚常在菌のバランスを取る働きをします。

化粧品に配合されているセラミドは4種類あります。
1つ目は天然セラミドで、これは馬などの脳や脊髄より抽出されるものです。人間のセラミドに近いので、保湿力に優れています。2つ目のヒト型セラミドは酵母を使って作られます。人間の皮膚に含まれるものとほぼ同じで、お肌に優しく保湿力や浸透性も高くなっています。3つ目の植物性セラミドは小麦胚芽油、トウモロコシ、大豆などから抽出したものです。4つ目の合成セラミドは石油を原料としています。
安価ですが、天然セラミドやヒト型セラミドほどの効果はありません。

セラミド配合化粧品を選んでしっかり肌トラブル対策しよう

保湿力が最も高いのはヒト型セラミドなので、これを使用した化粧品を選ぶのがおすすめです。
その中でも特に肌なじみの良いとされるセラミドNG、セラミドNPが配合されているものがいいでしょう。
配合量は明示されていませんが、化粧品の成分は配合量の多い順番に記載されているので、成分表の始めのほうに表示されているほどたくさん入っていることになります。ですので、化粧品の成分表をチェックして、セラミドが多く入っているものを選ぶとより良いでしょう。

▼肌なじみの良いナノ化天然セラミドとヒト型セラミド配合のおすすめ化粧水

アクアバイタルCEローション 強く、しなやかな肌へ。肌のバリア機能を高める「セラミド化粧水」。
ナノ化天然セラミド×ヒト型セラミドが角質層にアプローチ。
内側からしっかりうるおう、弾力あるハリ肌へ導きます。

プリモディーネ アクアバイタルCEローション ▶