4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&Aポイントについて


カートを見る

大切なお知らせ

この度、全国的な運賃高騰を受け、誠に勝手ながらポイント付与率を改定させていただくことになりました。2018年6月1日発送分より改定後のポイント付与率となります。大変申し訳ございませんが、深くご理解を賜りますようお願い申し上げます。 詳細はこちら>

プリモディーネVCローションキャンペーン中
レモンハーブティー
プリモディーネクレンジング
お得な定期コース

ランキング

Shopping guid / ガイド
配送料 4,000円以上送料無料

お支払いについて

ポイントについて

お問い合わせ
Media / メディア情報
Mobile site / モバイル

https://flair-shop.jp/

HOME   W洗顔はするべき?!クレンジングと洗顔のそれぞれの役割とは
W洗顔はするべき?!クレンジングと洗顔のそれぞれの役割とは

クレンジングと洗顔、汚れを落とすならどちらを使っても良いの?いいえ、クレンジングと洗顔は得意とする汚れが違います。それぞれの役割を知って、正しい洗顔をしましょう。

クレンジングと洗顔の役割の違いとは?

クレンジングの役割は、メイクを浮かせて落とすという点にあります。一方の洗顔の場合は古い角質や皮脂、汗、ほこりなどといった汚れを落としてくれたり、肌にわずかに残ったクレンジングを落としてくれます。 よって、クレンジングと洗顔の片方だけではメイクがしっかりと落ちなかったり、肌に付いた余計な毛穴汚れや皮脂などが肌に残ってしまうかもしれません。汚れが肌に残ったりすると、毛穴に詰まりニキビや黒ずみの原因にもなりかねませんし、落とせなかったメイクの汚れがシミやくすみの原因にもなる可能性があります。つまり、クレンジングと洗顔にはそれぞれに役割があるということなのです。

クレンジングにはどんな成分が使われている?

大体のクレンジング剤は、主成分として油分と界面活性剤が使われています。なぜ油分が含まれているのかと言うと、メイク汚れや皮脂などの脂が同様の性質の油分と良く馴染むというのが理由です。要するに、油分が肌や毛穴から汚れを浮かせてくれるということになります。 また、この浮かせた油分を水で落としやすくするために、界面活性剤が必要になってくるのです。本来であれば油分は水とは合わないものとなっています。異なる性質の物質なので、水と合わせたとしても直ぐに分離します。ということは、メイクを浮かせたとしてもそのままでは浮かせたメイクを洗い流せないでしょう。界面活性剤には、水と油を中和させてくれる作用があります。界面活性剤が含まれているので、油分が水をはじくことなくしっかりと馴染み肌から落ちてくれるのです。 クレンジング剤に含まれている主成分には、メイクを落とすという点に重きが置かれているのがわかるのではないでしょうか。

洗顔料の成分についても知っておこう!

洗顔料にも様々な種類があるものの、特に定番となっている洗顔料について見ていきます。洗顔フォームでは洗浄剤と保湿剤が主成分です。パッケージの成分表に、脂肪酸やオレイン酸、トリエタノールアミン、水酸化ナトリウムなどの表記されているものが洗浄剤であり、ソルビトールやグリセリンなどと表記されているのは保湿剤なのです。こうした成分が記載されているはずなので、洗顔フォームを使っているなら成分表にも注目してみるのが大事になります。 こうして洗顔料には、肌表面の角質や汚れを落としてくれる洗浄剤と、洗顔での肌のダメージを防止するために保湿剤が含まれているのが通常なのです。それだけでなく、洗顔料にはエモリエント剤という肌を保護してくれる成分も含まれています。汚れを落としてくれる界面活性剤も含まれてはいますが、クレンジング剤に比べて配合されている量は多くありません。洗顔料も汚れを落としてはくれますが、メイク汚れなどの油分に重きが置かれていない点や、保湿面に配慮がされている点はクレンジング剤と大きく異なってきます。

色々とタイプがある!それぞれの特徴について

メイク落としのタイプ別の使用感は、オイルタイプがさっぱり滑らかであり、リキッドタイプはスッキリと感じられるでしょう。また、クリームタイプであればしっとりと滑らか、水性ジェルタイプはさっぱりとした瑞々しさが得られますし、ローションタイプも瑞々しさが感じられます。さらに、洗顔料の泡立ちは固形石鹸が泡立てやすく、クリームタイプは濃密でありクリーミーな泡になります。ミルクタイプなら泡立ちが早く、ムースタイプは泡立ちが簡単で自分で泡立てる必要がないと考えられます。洗いあがりは固形石鹸はすっきりとしてクリームタイプはバリエーションが色々とあります。ミルクタイプはすっきりと滑らかであり、ムースタイプなら滑らかになっているのです。 今回はクレンジングと洗顔についてご説明しました。 それぞれの役割を知っておき、肌タイプや使い心地に応じてクレンジングと洗顔を使い分けましょう。

 

▼ 敏感肌でも使える!おすすめのビタミンCアイテム

リフレッシュピュアクレンジング 2 種類のビタミンC誘導体を始めとした、 豊富な美容成分を配合したクレンジングジェル。
お肌に必要な皮脂は落とさず、しっとりとした洗いあがりなので、敏感肌の方にもおすすめ!

プリモディーネ リフレッシュピュアクレンジング ▶

ボタニカルクレイソープ こだわりの枠練り製法で天然美肌成分を豊富に配合した手づくり石けん。
沖縄の海泥「クチャ」が汚れをしっかり落とし、11種の植物成分がみずみずしく、健康的で美しい肌へと導きます。
豊かでキメ細やかな泡立ちとつっぱりのないスッキリとした洗い上がりです。

プリモディーネ ボタニカルクレイソープ ▶

シーバムコントロールVCローションII 泡立ちの良い優しい洗い上がりの
石鹸ベースの洗顔です。
パラペン・フェノキシエタノールなど無添加処方で敏感肌の方にもおすすめ!

プリモディーネ フェイシャル クリア ウォッシュ ▶