そのくすみ、もしかしたら肌の糖化かも?!ビタミンCがおすすめ!

そのくすみ、もしかしたら肌の糖化かも?!ビタミンCがおすすめ!


肌が「糖化」するってどういうこと?さまざまな肌トラブルを引き起こす肌の糖化について、その原因とおすすめの対策をご紹介します。



肌の「糖化」って何?


炊いたお米を炊飯器の中に数日間放置すると、真っ白だったはずのお米がなんとなく黄色く変色してしまいます。これが糖化と呼ばれる現象です。これはタンパク質や糖質に起こるもので、タンパク質だとお肉やお魚など私たちは普段の食生活で日常的に摂っている食材が多いですし、糖質だとお米やパスタ、パンなどの主食に加えて、おいしいスイーツなども該当します。つまり、私たちの体内には、糖化の原因となる成分がたくさんあるのです。糖化は肌表面だけではなくて体内でも起こる現象なのですが、肌細胞が糖化するとまず最初に自覚する症状だと肌のくすみ、透明感がなくなる、などがあります。

糖化が原因で肌トラブルが起こるって本当?


糖化は、一言で言うと肌の老化現象です。肌の老化現象が起こる原因には、疲労やストレスを感じた時に体内で作られる活性酸素による酸化のほか、年齢によってコラーゲンをはじめとする成分が不足しやすくなるなど、たくさんあります。糖化もその一つです。

例えば、年齢を重ねるとどうしても肌が酸化しやすくなるため、くすみやすくなったり透明感がなくなってしまいやすいのですが、スキンケアでもなかなか改善しないという場合には、肌の内側から起こっている糖化が原因なのかもしれません。

また、肌が糖化すると肌全体のハリがなくなってしまったり、アゴや頬のあたりがたるみやすくなったりします。さらに、紫外線などのダメージに対する肌の抵抗力が低下してしまうので、シミができやすくなりますし、肌は乾燥してカサつきやすくなるでしょう。

これらは、もちろん糖化だけが原因で起こるわけではありませんし、糖化以外にも起こる原因はたくさんありますが、糖化が原因の一つになっていることは多いのです。

糖化対策!化粧品に入っていると嬉しい有効成分は?


糖化対策にはいろいろなものがありますが、肌トラブルが気になる人はやはり普段のスキンケアで使っている基礎化粧品を見直すことが有効です。糖化を酸化の一つと考えて、抗酸化作用が期待できるスキンケア商品を使ってみると、大きな効果を期待できることが多いのです。抗酸化成分にはいろいろなものがありますが、その中でも肌の内側のくすみを解消したりメラン色素を作りにくくする作用があるビタミンC誘導体、目に見えている肌表面のくすみやシミを改善してくれるアルブチンなどが入ったものがおすすめです。

もっと即効性のある成分を使いたい!という人は、漂白成分とも呼ばれているハイドロキノンが入ったスキンケア商品も良いでしょう。ただし、ハイドロキノンという成分は、作用が強いだけでなく肌にとっては刺激となりやすいため、肌質によっては刺激が強すぎて逆にトラブルが起こるリスクはあります。その点は注意した方が良いでしょう。

糖化を加速させない工夫も大切


肌の糖化対策をする際には、現在の状態をさらに悪化しないように工夫する対策も必要です。肌の糖化は肌表面だけに起こっているわけではなく、体内から発生しているので、糖化対策は体内から行うのが理想的ですね。

例えば、体内の糖をコントロールするために、血糖値が高くなりすぎないように気を付ける、AGEが多く含まれている加工食品などは控えるなど、普段の食生活でできることはたくさんあります。具体的に控えたほうが良い食材を知らなくても、脂質や糖質が多い食材、タンパク質が多い肉類、清涼飲料水や加工食品などはできるだけ避けて、ビタミンCが豊富な野菜をたっぷりの食生活に変えてみるだけでも、大きな糖化対策効果が期待できますよ。飲み物も、できるだけ甘味が入っていないミネラルウォーターやお茶にしたり、ビタミンCが多いレモンを入れて飲むことで、糖化対策としては大きな効果があります。




▼ ビタミンC配合のプリモディーネスターターセット

スターターセット プリモディーネ全てをお試しできる、初めての方にオススメのトライアルセットです。
プリモディーネスキンケアは続々リニューアル!!是非新しいプリモディーネスキンケアをお試し下さい!

プリモディーネ スターターセット ▶