肌トラブルの原因は花粉だった?春にやっておきたいスキンケア法とは

肌トラブルの原因は花粉だった?春にやっておきたいスキンケア法とは


毎年春になると話題にあがる花粉ですが、実は肌トラブルの原因にもなることはご存知でしょうか?今回は春ならではの気をつけたいスキンケアをご紹介します。



春に肌がダメージを受けやすい原因とは?


寒い冬がようやく終わり、やっと暖かくなってきた!と、春は心が踊る季節ですよね。しかし、そんな嬉しい気持ちとは裏腹に、この季節は肌がダメージを受けやすく、トラブルが起こりやすくなります。

春と言えば花粉症で悩む人は多いのですが、花粉症はアレルギー症状なので、鼻やのど、目などの粘膜に症状が出るだけでなく、肌にもアレルギー症状が起こることがあります。例えば、なんとなく肌がかゆくなったり赤くなったり、またバリア機能が低下してブツブツができやすくなるのは、花粉が原因かもしれませんね。

紫外線も春の肌にとっては大きなダメージを与える原因となります。冬から春に季節が変わる際には、紫外線が強くなり、気温も高くなります。そのため、肌は乾燥しやすくなり、バリア機能が低下しやすい状況を作り出してしまいます。春になるとなんとなく肌が乾燥するなと感じるのは、そのためなのです。

肌を守る春のスキンケア方法とは?


花粉や紫外線などの原因から肌を守るためには、ポイントを抑えたスキンケアを心がけることが必要です。

春には花粉などアレルギー性物質が毛穴の中に付着していたり、汗やほこり、汚れなどが毛穴の中につまりやすいので、普段のスキンケアではクレンジングと洗顔を欠かさずに行うことが大切です。クレンジングと洗顔はスキンケアの基本と言われていますが、春こそは基本にかえったお手入れをしてあげることで、トラブルを原因から防ぐことができるでしょう。

クレンジングにはいろいろな種類がありますが、あまり肌を乾燥させることがなく、ゴシゴシこすらなくても普段のメイクをスッキリ落とすことができるものがおすすめです。できれば保湿成分が配合されているものを選べば理想的ですね。

メイクをしなかった日には基本的にはクレンジングを使う必要はありませんが、スッピンの日が何日か続いた時には、2,3日に一回ぐらいの頻度でクレンジングを使ってあげることによって、洗顔剤では落ちない汚れもスッキリと洗い落とすことができますよ。

スキンケアでおすすめの成分


春は肌が敏感になっていてトラブルを起こしやすいので、スキンケアではバリア機能を強化できるような成分を積極的に使いたいですね。肌のバリア機能はたっぷり保湿することによって強化できますし、わずかな炎症やトラブルは悪化しないうちに早期解決してあげることが重要です。保湿成分としては、肌細胞のひとつひとつに保水してくれるヒアルロン酸に加え、細胞間の隙間を水分で満たしてくれるセラミド、また、肌の炎症を鎮めて健やかな肌質へと改善できるグリセリンや尿素などの成分が入ったスキンケア商品がおすすめです。

スキンケアの方法ですが、洗顔してから肌がまだ乾かない状態のうちに、化粧水をつけてあげましょう。肌が乾燥してしまうと、表面の角質細胞が硬くなってしまい、水分を通しにくくなってしまいます。ピリピリとヒリつきを感じるときにはもう乾燥していますので、そうなる前に化粧水を付けるように心がけるのが良いでしょう。肌が濡れている状態は角質細胞が柔らかくて水分を吸収しやすい状態なので、その状態のうちに化粧水、美容液、そして乳液と基礎化粧品を一通りつけてあげたほうが、保湿効果は高くなります。

また、春には肌が敏感になるため、場合によってはそれまで使っていたスキンケア商品が肌に合わなくなってしまうという事態が起こりかねません。我慢して使い続けても、肌にとってはますます大きなダメージになってしまうだけですよね。もし少しでもトラブルが起こった場合には、敏感肌用のものに変えてあげることをおすすめします。また、この時期には新しいスキンケアブランドを使い始めるという行為は控えたほうが良いでしょう。肌が敏感だとアレルギー反応を起こしやすくなります。




▼ 春のお肌におすすめ!ビタミンCのスターターセット

スターターセット プリモディーネ全てをお試しできる、初めての方にオススメのトライアルセットです。
プリモディーネスキンケアは続々リニューアル!!是非新しいプリモディーネスキンケアをお試し下さい!

プリモディーネ スターターセット ▶