ビタミンC誘導体の種類や特徴を知って化粧品選びに応用しよう!

ビタミンC誘導体の種類や特徴を知って化粧品選びに応用しよう!


さまざまな美容効果が期待できると話題のビタミンC誘導体、実はいろんな種類があるのです。あなたのスキンケアスタイルに合うビタミンC誘導体はどれなのか?ぜひ参考にしてください。



ビタミンC誘導体とは?その特徴や効果について


ビタミンC誘導体は、壊れやすいうえに安定しないビタミンCに、化学構造が崩れないくらいの加工を施し、性質を安定させたものです。また、『アスコルビン酸』というのが正式名称となっています。化学構造が崩れないくらいの加工とは、ビタミンCの性質もしくは特徴を損なわないように、少しだけ手を加えるもので、それは主としてリン酸や糖などの別の物質を結合させます。『リン酸〜』などがありますが、これが他の物質を結合させ誘導体になっています。

ビタミンCを誘導体にする理由は、ビタミンCが不安定であり壊れやすいものだからです。ビタミンCは空気に長い時間触れていれば、酸化してしまううえに、水に触れると瞬時に活性しなくなってしまい、非常に不安定なため化粧品に配合できませんでした。それでも優秀な成分なので化粧品に利用する目的で、ビタミンC誘導体は開発されたのですね。ビタミンC誘導体は容器の中や肌に付けた状態では守られているため、活性が保たれています。それから、角質層へと入って酵素により誘導体化が解除され、その時にそのままのビタミンCになって、美容効果が発揮されます。

ビタミンCの効果には、抗酸化作用により活性酸素を抑制してくれる、新陳代謝を促す、コラーゲンの生成を促進する、生成されたメラニン色素を還元してくれるなどがあります。

そんなビタミンC誘導体は大きく分けて3つの種類があります。

1.水溶性ビタミンC誘導体


水溶性ビタミンC誘導体は、主として化粧水や美容液に用いられています。これは、角質に吸収されればすぐにピュアビタミンCに変換されるという、即効性が特筆すべき点だからです。そのため、肌表面にあるシミに働きかけるための美白化粧水に使われることが多いです。

代表的な成分
・リン酸アスコルビルMg(APM)
ビタミンCにリン酸を結合させたもので、皮膚の中にあるフォスファターゼという酵素により分解され、ピュアビタミンCになるのです。
・アスコルビン酸グルコシド(AA-2G)
ビタミンCにグルコースを結合させたもので、グルコシダーゼという酵素によりピュアビタミンCに変換されます。
・3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)
他のビタミンC誘導体と同じく、酵素分解する必要がなくそのままの形で働いてくれるため、即効性が見込めます。それに加え、持続性もあり安定しているのがポイントです。

2.油溶性ビタミンC誘導体


油溶性ビタミンC誘導体は、乳液もしくはクリーム、ジェルなどに主として配合されていて、脂溶性ビタミンC誘導体とも言われるため、皮脂とも良くマッチし、水溶性よりも角層への吸収率が高くなっています。それに、高い濃度で配合してもあまり肌に刺激がなく、すぐには効かないものの、水溶性ビタミンC誘導体よりも効果が長く続くと考えられます。

代表的な成分
・テトラへキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)
安定性や持続性ともに高いビタミンC誘導体です。しっとりした使用感が特徴。

3.両性ビタミンC誘導体


両性ビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性のどちらの性質も持ち合わせていて、水でも油でも安定して溶けやすいというのが特徴です。水溶性と油溶性の良い部分がミックスされたものとも考えられ、即効性や肌への浸透性、持続性などがポイントです。

代表的な成分
・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
多数の商品に使われていて、浸透力や即効性に優れ、肌へも良く吸収されるので美容業界からも注目されています。
・3-グリセリルアスコルビン酸(Amitose 3GA)
抗酸化作用によりシワやシミが抑えられ、ターンオーバーを正常化することができます。
・3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(3LGA)
業界では初となる細胞内抗酸化システムの活性化により、セラミドが生成されるのを促進してくれますし、肌のバリア機能を高めてくれる点が特徴です。

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水

プリモディーネのシーバムコントロールVCローションIIは、浸透力の高い「APPS(アプレシエ)」と水溶性ビタミンC誘導体である「Amitos 3GA」が高濃度配合された化粧水です。雑誌CanCamでも、高濃度配合部門1位を獲得しています。

シーバムコントロールVCローションII WのビタミンC誘導体を独自処方!!低刺激+保湿+エイジングケアができる美容液のような化粧水。
香料や着色料、パラペンなど無添加処方で敏感肌の方にもおすすめ!

プリモディーネ VCローションII ▶



従来のビタミンC誘導体よりも皮膚でのビタミンC濃度が高いので肌の深部までぐんぐんと浸透していき、ビタミンCが持つ効果をしっかりと発揮することができます。元々ビタミンC誘導体自体が普通のビタミンCより高い効果を持っており、更に従来のビタミンC誘導体より優れているAPPSが配合された化粧水は、その浸透力で肌トラブルを根本から解決します。

また、化粧水として使用する以上は保湿力の高さが必須条件になりますが、シーバムコントロールVCローションIIには高保湿成分であるリピジュアが配合されているため、高い保湿力が期待できます。さらに、αアルブチンやハトムギエキスなどの美容成分も配合された、まさに美容液のような化粧水です。

まとめ

いかがでしたか?季節の変わり目はもちろん、ニキビやニキビ跡、毛穴トラブルにも人気の高いビタミンC誘導体で、年中揺らぎ知らずの強くて健康な肌を手に入れましょう!




▼ プリモディーネのスターターセット

スターターセット プリモディーネ全てをお試しできる、初めての方にオススメのトライアルセットです。
プリモディーネスキンケアは続々リニューアル!!是非新しいプリモディーネスキンケアをお試し下さい!

プリモディーネ スターターセット ▶