ビタミンC誘導体でイキイキ肌を手に入れよう!

ビタミンC誘導体でイキイキ肌を手に入れよう!


化粧品売り場でよく見かけるビタミンC誘導体。
美白、ニキビケア、エイジングケアなど、ビタミンC誘導体を使ったスキンケア商品は沢山あります。

では、ビタミンC誘導体とはいったいどういう物なのでしょうか?どれほどの効果があるのでしょうか?



ビタミンC誘導体って何?


肌をイキイキと保つのにビタミンCが活躍するのはご存知の方が多いと思います。しかし、ビタミンCの弱点として、不安定で壊れやすく、水や酸素、光の影響で酸化しやすいという事があります。この性質のため、ビタミンCのまま肌に塗っても、ほとんど浸透しないまま、活力を失い、効果を十分に発揮できないのです。
この弱点を改善するために、誘導体化されました。つまり、ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの本来の性質を失わないように、化学的に加工し、安定性を高めた成分を指します。

ビタミンC誘導体化粧品を肌につけると、そのままの形で皮膚の中に浸透し、酵素に触れる事でビタミンCに戻るので、お肌の奥まで、ビタミンCの成分を十分届けることができます。

ビタミンC誘導体の種類


ビタミンC誘導体の種類は、大きく分けて2種類です。水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体があります。化粧品のほとんどは、この2種類両方とも使用しています。なぜでしょうか?

実は、肌の構造を研究した結果、肌の表面は、油分と水分が網の目のようになっています。そのため、肌の全体にビタミンCを浸透させるためには、水に溶けやすい性質のものと、油に溶けやすいものの両方が必要になるという訳です。

ニキビ対策に効果的


ニキビが出来てしまう原因の1つは、皮脂の分泌が過剰になっていることがあげられます。
ビタミンC誘導体は、皮脂をコントロールする働きがあるので、ニキビの予防や改善、またニキビ跡のケアにも効果を発揮します。

エイジングケア


皮脂の過剰な分泌を防ぐため、毛穴が引き締まり、目立ちにくくします。また、コラーゲンの生成を助け、増やす効果があるので、しわやたるみを改善することができます。

ビタミンC誘導体化粧品の効果的な使い方


毛穴の中に汚れが溜まっていると、ビタミンC誘導体の成分が肌に十分浸透できません。ですから、まず正しく洗顔をして、余計な汚れや皮脂を落とします。その後、すぐに、たっぷりとビタミンC誘導体配合の化粧水を使用しましょう。
また、ビタミンC誘導体配合化粧水をコットンに含ませて、パックすることで、肌にじっくりと成分を染み込ませることができます。パックは3分程度で十分です。その後、乳液などで保湿成分を補いましょう。

さらに、ビタミンEと一緒に摂取すると、抗酸化作用をさらに高める効果があります。商品の中には、ビタミンE誘導体とビタミンC誘導体の両方が配合されたものもあり、便利に使用できます。

ビタミンC誘導体化粧品を使うときの注意点


ビタミンC誘導体は、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。そのため、乾燥肌の人が使用すると、皮脂の分泌量が減ってしまい、さらに乾燥を引き起こしてしまい、肌あれの原因になることがあります。

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使う時は、肌の状態を確認しながら、保湿を忘れずに行いましょう。また、敏感肌の人は使用前にパッチテストをしましょう。

美しい肌を保つために欠かせないビタミンC。自分の肌に合ったビタミンC誘導体化粧品を選び、効果的に使いましょう。

▼ビタミンC誘導体おすすめ製品

スターターセット プリモディーネ全てをお試しできる、初めての方にオススメのトライアルセットです。
プリモディーネスキンケアは続々リニューアル!!是非新しいプリモディーネスキンケアをお試し下さい!

プリモディーネ スターターセット ▶