4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&A


カートを見る
HOME >  初夏から始める紫外線による肌トラブル対策!
初夏から始める紫外線による肌トラブル対策!

暖かくなるにつれて増えるのが『紫外線』。
紫外線はさまざまな肌トラブルを引き起こす原因となってしまうのをご存知でしょうか?

「どんな影響があるの?」
「どう対策すれば良いの?」

紫外線が及ぼす影響と、その対策を知っておきましょう!


紫外線が強くなるのはいつ?

紫外線とは、太陽から放出される太陽光線の成分のひとつ。肉眼では見ることが出来ない「不可視光線」です。
紫外線には波長の長さにより大きく分けて3種類あります。

紫外線の波長の長さ
1)UVA (紫外線A派) ピークは5〜8月
UVAは肌の表皮を突き進み、真皮にまで到達します。
太陽からの日射にしめる割合は数%程度のためUVBほど爆発力はありませんが、じわじわと肌の奥深くまで浸透し、真皮にあるコラーゲンやエラスチン線維を破壊していきます。
そのため『しわ』『たるみ』などの肌トラブルをもたらし、老化の原因となります。
UVAの紫外線量は朝から少しずつ増え続け、正午前後がピークになります。夕方にかけてもあまり減らないので1日中注意が必要です。

2)UVB (紫外線B派) ピークは7〜8月
UVBは、主に表皮を赤くさせ、炎症(やけど)を引き起こします。
表皮のDNAや細胞膜を破壊し、炎症ややけどといった皮膚のトラブルや、メラニン色素を増加させて日焼けによる『シミ』『ソバカス』を引き起こします。
よく皮膚が赤くなって、ひどいときには水ぶくれを起こすいわゆる「日焼け」がこのUVB。
UVAの紫外線量も正午前後がピークに。日焼け止めだけではなく、衣服や帽子、日傘などで肌を日差しから守ることが大切です。

3)UVC (紫外線C派)
UVCは、UVB波より有害な紫外線ですが、上空のオゾンと酸素分子によって全て吸収され、地表には到達しません。

私たちが気をつけないといけない紫外線はUVAとUVB。特に紫外線量が多くなる5月〜8月にかけては紫外線ケアが必須です。

紫外線がもたらす肌トラブル

紫外線を浴び続けると、具体的に肌にはどういった影響が現れてくるのでしょうか?

紫外線が原因で起こる主な肌トラブルについてご紹介いたします。

紫外線による肌トラブル
■シミ
紫外線から肌を守るために作られているメラニン色素。
健康な肌ではターンオーバーによって排出されるのですが、紫外線によりサイクルが乱れ、色素が沈着したままになってしまいます。
これがいわゆる「シミ」となります。

■毛穴のつまり
紫外線ダメージによって肌のターンオーバーが乱れてしまうと角質が厚くなり、毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまいます。
そうして出来てしまった角栓はさらに紫外線を浴びることによって酸化してしまい、これが汚く目立つ黒ずみになるのです。

■大人ニキビ
紫外線は角質層の水分量を低下させてしまうので、インナードライによるニキビや皮脂の過剰分泌によるニキビが出来ます。
また、肌が本来持っているバリア機能が低下してしまうことで毛穴に皮脂が詰まってしまい、ニキビのもととなるアクネ菌が大繁殖してしまうのです。

■しわ・たるみ
紫外線により肌の奥深い部分まで刺激され、コラーゲンを破壊してしまいます。
肌の弾力を保つ役割をもつコラーゲンが壊されることで「しわ」や「たるみ」のもとに。

このように様々な症状を引き起こしてしまう紫外線。ではどう対処すれば良いのでしょうか?

毎日のスキンケアでできる紫外線による肌トラブル対策

紫外線対策といえば、「日焼け止めを塗る」「帽子や日傘などのアイテムで防ぐ」といったことがされると思いますが、
どんなに予防していても知らないうちに肌は紫外線ダメージを受けてしまうものです。

そんな毎日少しずつ受けた紫外線ダメージを、毎日行うスキンケアでケア出来れば嬉しいですよね。

紫外線ダメージケアにおすすめな成分が『ビタミンC誘導体』。
ビタミンC誘導体の特徴は、なんといっても優れた美容効果!

■美白に効果的!
ビタミンC誘導体には肌の新陳代謝を促す効果や、出来てしまったメラニンの色素沈着を防ぐ効果があるので、シミ・そばかすの予防に。
日中たくさんの紫外線を浴びた日にはいつもより贅沢に、ビタミンC誘導体の入った化粧水でのパックがおすすめです。

■しわ・たるみの改善に!
しわやたるみの原因には肌の酸化があると言われ、日常の紫外線などでどんどんと酸化が進んでいきます。
ビタミンC誘導体には優れた抗酸化作用があり、肌のコラーゲンを合成するのに必要不可欠な成分です。
肌の酸化を防ぐことで「しわ」「たるみ」を防ぎ、また内側からコラーゲンを増やしてお肌をふっくらさせてくれる効果も期待出来ます。

■ニキビや肌荒れにも効果的!
ビタミンC誘導体には皮脂の過剰分泌を抑える作用があるので、ニキビ予防にとても効果が期待出来ます。
その上、抗酸化作用の働きで出来てしまったニキビの炎症を抑える効果も。
ニキビの炎症は皮脂やアクネ菌が酸化されることにより活性酸素が発生し悪化することが原因です。
つまり、ビタミンC誘導体には皮脂やアクネ菌が酸化されることを防ぎ、活性酸素の発生を抑えることで炎症の元となる活性酸素を除去してくれるというわけです。

ビタミンC誘導体

誰もが悩んでいる肌トラブルに万能に効果を発揮してくれる『ビタミンC誘導体』。

毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

▼おすすめのビタミンC誘導体配合の化粧水
プリモディーネVCローション

プリモディーネのVCローションは、ビタミンC誘導体を全体の9%も配合している美容液のような化粧水!

ニキビ、美白、エイジングケア、保湿、低刺激

ニキビ・肌荒れなど様々なお悩みを改善し、透明感のある健康的な肌へ導いてくれます。

プリモディーネVCローション詳細はコチラ▶



夏を楽しむためにも、紫外線が強くなる時期からケアしていきましょう!