4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&Aポイントについて


カートを見る
HOME   ニキビ肌でも安心して使えるの?クレンジングジェルの特徴とは
ニキビ肌でも安心して使えるの?クレンジングジェルの特徴とは

ニキビ肌のスキンケアで困るのがクレンジング。ニキビが悪化してしまわないか心配ですよね。今回は、ニキビ肌でも比較的安心して使えるジェルタイプについてご紹介します。

クレンジングジェルにはどんな特徴があるの?

クレンジングジェルというのは、クレンジング料の中でもジェルタイプになっているものを指します。とろみのあるジェル独特のテクスチャーになっていて、肌にも良く馴染んでくれますし伸ばしやすいというのがメリットです。使い心地は滑らかさがあり、摩擦での肌への刺激も抑えられるでしょう。クレンジングをする時に要らない摩擦が加わると、乾燥肌や肌荒れ、またシミやたるみなどといった肌のトラブルの要因となりかねません。クレンジングジェルを使えば、摩擦での肌の負担も軽減されるため多くの女性に支持されているのです。 通常クレンジングジェルの洗浄力というのは、オイルタイプとクリームタイプの間ほどになります。なので、洗浄力が強くて起こる摩擦での肌ダメージは、オイルタイプもしくはリキッドタイプよりも少ないと考えられます。ただ、クレンジングジェルは色々クレンジング料と比較しても配合成分次第では洗浄力や肌への刺激の度合いが異なるケースがあるというのは、覚えておく必要があります。

クレンジングジェルにはどういった種類があるのかを知ろう

オイルフリー水性クレンジングジェルは、オイルが入っていないのでまつ毛エクステをしている方でも使用できるというのがポイントです。まつ毛エクステに使われている接着剤は油分に強くないので、オイルが含まれていると接着剤まで溶け出してしまうこともあるかもしれません。オイルフリーであればその心配もなく安心なのです。そして、さっぱりとした洗いあがりが期待できて、ナチュラルメイクを落とすならうってつけとなっています。それに、この頃ではダブル洗顔をする必要のないオイルフリー水性クレンジングジェルも出てきているので要チェックです。オイルフリーのクレンジングジェルは、油分が含まれないので界面活性剤でメイクを落とす仕組みになっています。色々な界面活性剤があるため、水性クレンジングジェルの洗浄力や刺激性に関しては、どういった界面活性剤が使われているかにもよります。それでも、ニキビのある肌にも適しているのではないでしょうか。 次にオイルイン水性クレンジングジェルがありますが、こちらは汚れを落とせる界面活性剤の他にも油分も僅かに使われています。オイルフリーのタイプに比べてメイクが早く馴染んで、メイクが落としやすいという特徴がありますし、伸びが良いというメリットもあります。ある程度は肌にも優しいですが、しっかりとオイルが入っているタイプよりも落ちにくい可能性があります。 油性クレンジングジェルは、主成分がオイルになっているジェル状のクレンジング料です。界面活性剤が含まれている率は少ないのが特徴でもあります。洗浄力は割と高めであり、濃いアイメイクなどでも落とせるのではないでしょうか。それに、ウォータープルーフのマスカラやリキッドファンデーション等も落ちると考えられます。クレンジングジェルの種類の中では、テクスチャーが硬めとなっています。また、脱脂力が強いタイプのためニキビのある方や乾燥肌の方などは注意をしなければいけません。

ニキビ肌におすすめ!プリモディーネのクレンジング

クレンジングジェルをお探しであれば、プリモディーネの『リフレッシュピュアクレンジング』も選択肢です。メイクだけでなく毛穴の詰まりまでも落とせるというのが魅力の製品となっています。2種類のビタミンC誘導体が使われているためエイジングケアなども期待できます。また、AmitoseRという吸着型うるおい成分も使われているので、洗顔後はしっとりとした肌になるのが見込めます。小鼻などといった細かな部分にも密着するため、擦ることなくするっとメイクを落とせるでしょう。肌の潤いやバリアを維持しつつ、汚れだけを落とせる点も魅力の1つですので、ニキビのある方も安心してご利用になれるでしょう。

▼ オススメのクレンジングジェル

リフレッシュピュアクレンジング 2 種類のビタミンC誘導体を始めとした、 豊富な美容成分を配合したクレンジングジェル。
お肌に必要な皮脂は落とさず、しっとりとした洗いあがりなので、敏感肌の方にもおすすめ!

プリモディーネ リフレッシュピュアクレンジング ▶