4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&A


カートを見る

■配送会社変更のお知らせ
この度、誠に勝手ではございますが 宅配便の配送業者をヤマト運輸(株)から日本郵便(株)(ゆうパック)へ変更させていただきます。※ネコポス(ヤマト運輸)は変更ございません。2017年10月2日(月)発送分以降(お届け希望日10月5日(木)以降のご注文)は、ゆうパックでのお届けとなります。 詳細はこちら>

HOME   ビタミンC誘導体の化粧水が開発された理由とは?
ビタミンC誘導体の化粧水が開発された理由とは?

ビタミンCは、栄養面でも美容関連でも効果的なものとして知られています。ですが、ビタミンCは食べ物から摂取すると調理している間にビタミンCが減ってしまうこともあり、充分な量を摂ることは難しくなっています。

皮膚にも充分にいきわたる量のビタミンCを届けるには、肌に直接塗るのが一番効果的ですが、ビタミンCは角質層にあるバリアを突破する力がないため、皮膚に浸透させることはできません。そのため、ビタミンCを肌にまで浸透させることのできるビタミンC誘導体が作られました。

ビタミンCの特徴

ビタミンCの特徴として知られているのは、強い還元性です。酸化と還元は同時に起こるため、ビタミンCは体内で対象とした物質を還元している一方で、ビタミンC自体は酸化するようになっています。これによって、ビタミンCは還元剤としての働きを持つようになります。

還元型のアスコルビン酸として血管中に存在し、対象とした物質を還元して、自身はデヒドロアスコルビン酸となります。ビタミンCは水溶性なため、水に溶けることで酸性を示すようになります。

この特徴を利用して、水溶液中のビタミンCは溶存している酸素で簡単に参加させられるので、酸化を著しく促進させることができます。ドリンクなどの製造では酸素を除去しているため、1年間安定した状態を留めることができます。

ビタミンC誘導体の仕組み

ビタミンCにはいくつもの美肌効果があります。例えば、コラーゲンを生成してくれるビタミンCを摂取することで、肌のハリを保つことができ、弾力のある肌をつくってくれる手助けをしてくれます。また、皮膚の血行を良くしてくれるため、異常になっていた肌のターンオーバーを正常化させ、くすんでいた肌を明るい色に戻してくれます。

こういったビタミンCの美肌効果を取り入れたいと思っても、ビタミンCだけでは、皮膚には浸透してくれません。そのため、ビタミンC誘導体を使って、皮膚にビタミンCの効果を届けるようにする必要があります。

普通の化粧水にビタミンCをいれてしまうと、すぐに酸化して、効果がでてこなくなってしまいますが、ビタミンCを化学修飾することによって化粧水にしたビタミンC誘導体なら、その心配もありません。 種類によっては油に溶けやすくなっているものもあるため、クリーム状の油性の化粧品と配合させることもできるようになっています。

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体には種類があり、一つ目が水溶性ビタミンC誘導体、二つ目が脂溶性ビタミンC誘導体、最後に、進化型のビタミンC誘導体というものがあります。

水溶性ビタミンC誘導体は即効性のもので、リン酸と結合されたことで効果を持続してビタミンCの特性を活かしたものになっています。ですが、肌の弱い人には刺激が強い場合があるため、敏感肌や乾燥肌の人は使用に気をつける必要があります。

脂溶性ビタミンC誘導体は、オイルに馴染みやすくなっているため、クリームやジェルタイプの化粧品と配合させて使用することができるようになっています。これなら肌の刺激も少なく、皮膚に浸透させることができるので、肌が弱い人は脂溶性ビタミンC誘導体を使用しましょう。

進化型ビタミンC誘導体は、即効性と真皮への浸透力を併せ持ったもので、肌への刺激の心配もありません。美白効果だけでなく、肌のハリやシワの改善などを促すアンチエイジング効果も期待できるものになっています。

ビタミンC誘導体の安定性

ビタミンC(L-アスコルビン酸)は皮膚に浸透しにくいですが、ビタミンC誘導体は、ビタミンCを皮膚へ充分に浸透させるために作られたもので、その効果もモニター結果によって証明されています。

顔全体に塗布して3分経ったあとに洗い流すのは、グリセリンと溶解しているアスコルビン酸が皮膚に残留しているままでは、負担をかけてしまうため、適切な時間がきたら洗い流す必要があるからです。 長時間洗い流さない場合だと、肌がヒリヒリしてくる場合もあるため、洗い流す時間には気をつけるようにしましょう。

VCローション

VCローションはニキビの改善や毛穴の引き締め、シワなどの肌トラブルの原因を起こしている場所にまで浸透して、長時間その効果を持続させることができる浸透型ビタミンC誘導体配合の化粧水です。

ビタミンCにはコラーゲンの合成を促進するチカラがあるため、肌の弾力とシミを改善させるのにも効果が期待できます。ビタミンC誘導体にある効果を高めたものがVCローションとなっています。

シーバムコントロールVCローションプリモディーネのVCローションは、ビタミンC誘導体を全体の9%も配合している美容液のような化粧水!肌に刺激がなく、保湿力がバツグンと口コミで話題です。

これ1本あれば魔法にかかったかのように違いを実感できるはず♪

プリモディーネVCローション詳細はコチラ▶

ビタミンC誘導体化粧品の使い方

ビタミンC及びビタミンC誘導体には、保水能力がありません。なので、基本的には乳液やクリームなどと一緒に、コットンを使って浸透させていく必要があります。そのまま使用する事もできないわけではないのですが、人によってはつっぱった感じになったり、キシキシとした感じが続くことがあります。肌を乾燥させないことを心がけてください。