4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&Aポイントについて


カートを見る

プリモディーネVCローション100mL
プリモディーネクレンジング
お得な定期コース

ランキング

Shopping guid / ガイド
配送料 4,000円以上送料無料

お支払いについて

ポイントについて

お問い合わせ
Media / メディア情報
Mobile site / モバイル

https://flair-shop.jp/

HOME  >   イオン導入にはビタミンC誘導体化粧水!その効果と働きとは
イオン導入にはビタミンC誘導体化粧水!その効果と働きとは

美肌に欠かせない成分といえば「ビタミンC誘導体」ですが、そんなビタミンC誘導体をイオン導入することによって肌奥まで成分が浸透し、より効果が得られます!

美容サロンでも行われているイオン導入

美容への意識が高まっている昨今、美容サロンやクリニックで用いられているのが「イオン導入」です。イオン導入美顔器の開発により広く知られることになったイオン導入ですが、具体的にどのようなものか知らないと言う方も多いでしょう。

女性の多くは毎日のスキンケアは欠かさず行っていますが、実のところ市販の基礎化粧品を使用していても、有効成分が皮膚の奥まで届かないと言うことが多く、日々基礎系商品を無駄に使用していると言うケースがあります。
もちろん全く意味が無いわけではありませんが、フル活用はできていないでしょう。
では、どうしたら基礎化粧品やスキンケア用品の有効成分を皮膚の奥までしっかり届けることができるのか。その答えが、イオン導入です。

イオン導入とは?

イオン導入とは、簡単に説明するとビタミンCをはじめとする美容成分を肌に塗り、専用のマシンを用いて微弱な電気を流すと言うものです。これにより普通に基礎化粧品を使用するだけでは届かない肌の奥まで有効成分を届けることができるため、瑞々しく健康なお肌を手に入れることができ、ニキビやしわ、しみなどに対しても効果が期待できるのです。

イオン導入は顔だけでなく身体中様々な場所に行うことができるため、気になる箇所を重点的にケアすることができるのも特徴です。

ポイントはビタミンC

イオン導入を行う上で欠かせないのが、ビタミンCの存在です。ビタミンCは美しい肌を作る上で欠かすことができない成分であり、ビタミンCイオン導入ではこのビタミンCを肌の奥まで届けます。

またビタミンCイオン導入は紫外線でダメージを受けた肌をケアする効果もあります。
紫外線に晒された肌には、ニキビやシワ、シミ、くすみの原因になる活性酸素が生じますが、ビタミンCにはこの活性酸素を除去するはたらきがあるのです。
加えて、美肌成分として知られているコラーゲンの生成を促進する働きもあるため、高い美肌効果を期待することができます。

ビタミンCイオン導入は自宅でもできる

イオン導入は微弱な電流を流すマシンが必要なことから、美容サロンやクリニックでしかできないと思っている人も多いですが、家庭用のイオン導入器も最近では多数販売されており、自宅でも手軽にできるものになりました。

自宅でビタミンCイオン導入をする場合はお肌に高濃度ビタミンC化粧水を塗布することになりますが、おすすめはプリモディーネの「シーバムコントロールVCローションII」です。

シーバムコントロールVCローションIIのここがオススメ

プリモディーネのナンバーワン商品であるシーバムコントロールVCローションIIは、保湿力に優れた化粧水です。高い効果がありながら低刺激であるため、お肌に優しく、しっかりと効果を実感できるということで、保湿・エイジングケアの両面において非常に高い評価を得ています。

シーバムコントロールVCローションIIはリニューアル商品のため改良が重ねられており、現在のシーバムコントロールVCローションIIにはVCローションの水溶性ビタミンC誘導体成分に新型Amitose3GAを採用し、従来のビタミンC誘導体の効果はそのままに、高い抗酸化作用やコラーゲンの生成促進効果を発揮します。
また複数のエイジングケア効果も加わった事で、以前よりもさらに広い範囲での美肌効果を実感することができるでしょう。

▼ イオン導入におすすめのアイテム

シーバムコントロールVCローションII WのビタミンC誘導体を独自処方!!低刺激+保湿+エイジングケアができる美容液のような化粧水。
香料や着色料、パラペンなど無添加処方で敏感肌の方にもおすすめ!

プリモディーネ VCローションII ▶


シーバムコントロールVCローションお試しセット 高濃度ビタミンC化粧水VCローションIIを、まずは気軽に試してみたい方におすすめ!
約7日分のトライアルサイズ。

プリモディーネ VCローションIIお試しセット ▶