4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&Aポイントについて


カートを見る

大切なお知らせ

この度、西日本で発生した大雨の影響により、一部地域では配送の遅れが生じております。大変申し訳ございませんが、深くご理解を賜りますようお願い申し上げます。 詳細はこちら>

プリモディーネVCローションキャンペーン中
今ならキャンペーン中! プリモディーネVCローション100mL
プリモディーネクレンジング
お得な定期コース

ランキング

Shopping guid / ガイド
配送料 4,000円以上送料無料

お支払いについて

ポイントについて

お問い合わせ
Media / メディア情報
Mobile site / モバイル

https://flair-shop.jp/

HOME   秋に気をつけたい肌トラブル
秋に気をつけたい肌トラブル

日差しも幾分和らぎはじめ、秋に入ると過ごしやすい日々が増えてきます。しかしお肌のことを考えると気を抜いてはいられません。肌トラブルには季節ごとの対策が必要。秋は何に注意すればいいのかを見ていきましょう。


秋に気をつけたい肌トラブル

夏は日光を気にして日焼け止めを塗らざるをえません。汗をかきやすくなるため必然的に落ちにくい化粧品を使うことになります。その結果、クレンジングで強力な洗浄力を持つものを毎日、使用することになる人も少なくないでしょう。それだけではありません。クーラーで冷やされた部屋で生活し続けると、お肌は水分を失って乾燥しがちに……。

これらのダメージを回復させるタイミングが秋なのです。気温が穏やかなため、秋は他のシーズンに比べて集中力が増します。つまり何かを始めたり時間を割くのにもってこいの季節と言えます。

紫外線は秋にも降り注ぐ

「紫外線に注意をすればいいのは夏だけ」と思い込んでいる人がいます。しかし秋になっても引き続き紫外線対策を怠ってはいきません。

紫外線にはいくつかの種類があります。日焼け箇所が真っ赤に焼ける現象はUV-Bによって起こります。こちらは波長の短い紫外線で、肌の表面に影響を与えます。お肌の内側にある真皮にまで達し、皺やシミの原因になりうるのはUV-A。こちらの紫外線が危険なところは、すぐに形となって表れない点です。

UV-Bは肌の色が変化するなど、分かりやすい結果が早い段階で出ます。しかし波長の短い紫外線であるUV-Bは、ゆっくりと肌の奥深くに浸透し甚大なダメージを与えます。

秋はUV-Bが減少するものの、UV-Aは依然存在し続けます。お肌にくすみやシミができないように、毎日スキンケアを続けましょう。UVカットのケープや日傘などもある程度有効ですので、積極的に使うことを心がけることをおすすめします。

保湿は重点的に!

先ほど「夏はお肌が乾燥しやすい季節」と書きましたが、それは冬場も同じく言えることです。秋はお肌が乾きやすいシーズンに挟まれています。この時期にお肌のコンディションを整えておけば、来るべき厳冬への対策にもなるのです。

お肌の状態を保つために朝と晩は必ず、顔を洗ったあとにスキンケアをする習慣をつけましょう。アミノ酸やヒアルロン酸、イソフラボンなどお肌を良好な状態に保つ成分はたくさんあります。中でも一際高い効果を発揮するのがセラミド。肌の角質細胞 の間に存在してい脂質であるセラミドは、美容に重きを置く人から注目されている成分です。お肌に張りや弾力とともに保湿力を与えます。

ビタミンをたくさん摂取

紫外線などは外的環境への対策。それだけではお肌の状態を良好にキープすることはできません。やはりバランスを考えた食事を摂ることが求められます。

お肌が荒れることや、かさつきを防止するのはビタミンAです。こちらを含んでいる食材は牛乳、チーズ、レバー、ウナギなどです。他にもホウレンソウといった緑黄色野菜にも多く含有されています。ご飯、パン、麺類など日本人の食生活は炭水化物をかなり多く摂取する傾向にあります。タンパク質、脂質とともに三大栄養素の一つである炭水化物の摂取も確かに重要です。しかしお肌のことを考慮した場合、それだけでは栄養を補えないのも事実。ここで挙げている食品を一日のどこかで必ず食べるようにするだけで、みるみるお肌の状態が変化していきます。

まとめ

お肌を良い状態に保ちたいのなら、ここに書かれていることをトータルで実践してみましょう。「一つだけで十分じゃないの?」という考えはNGです。最後には総合力が物を言います。張りがあって瑞々しいお肌の持ち主は、実年齢よりも若く見られます。

いつまでも若々しくいることで自己肯定感が高まり、自然と笑顔が溢れます。充実した人生を送る上で、お肌に気を配ることはとても大切と言えるでしょう。