4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&Aポイントについて


カートを見る
HOME   多くの女性が悩まされる「大人ニキビ」の原因と種類
多くの女性が悩まされる「大人ニキビ」の原因と種類

ケアをしていても繰り返し出来てしまう「大人ニキビ」。今回はそんな大人ニキビの原因と症状をご紹介します。

まずはここを知ろう!大人ニキビとはなんだろう

大人ニキビとは、20歳以上の大人にできるニキビを指します。顎のラインに沿った辺り、もしくは口の周辺にできやすいという特徴があります。また、再発しやすいという点も大人ニキビの特徴です。

肌の状態が整っていなければ、再度毛穴が詰まってしまい、ニキビが再発してしまうという、良くない循環が生まれてしまいます。それは、アクネ桿菌という、詰まった毛穴の奥に炎症を起こしてしまう菌が残ることで再発しやすくなるのが理由です。それに、顎の裏側にできたなら、衣服の摺れなどにより炎症が深くなってしまい、一旦できてしまえばなかなか治りにくくなります。

また、大人ニキビは思春期のニキビと比較してもニキビ跡として残りやすいものです。その理由は、肌の代謝が遅くなるからというのが考えられます。よって、大人ニキビをケアするならニキビを治療するだけに留まらず、繰り返さないために肌代謝を上げてニキビ跡を残さないのがポイントです。

なぜ?大人ニキビができてしまう主な原因について

大人ニキビができてしまう最も大きな原因は、表皮のターンオーバーのリズムが崩れて、厚くなった角質層が上手に剥がれずに毛穴を塞いでしまうことです。また、生活習慣の乱れや睡眠不足、ストレス、食生活が偏っている、たばこの吸い過ぎ、飲酒のし過ぎ、紫外線、シャンプーや洗顔料のすすぎ残しなども原因とされています。

生理周期も関係しています。大人ニキビができやすいタイミングは、日常的なストレスや睡眠不足などの生活習慣が乱れたときです。そして寒い時期にもできやすくなります。それは、紫外線から肌を守ろうとして厚くなった夏場の角質が冬に乾燥し、肌トラブルを起こすケースが少なくないからです。

その他にも、排卵期という生理の2週間前辺りから生理が開始する時期までの間にできやすくなります。

ニキビにも色々!白・黒・赤・跡-あなたはどんなニキビだろう

ニキビにも色々とありますが、あなたのニキビはどの状態でしょうか。

●白ニキビ
白ニキビは初期段階となります。毛穴の中に皮脂が溜まり毛穴が塞がって、皮膚が盛り上がっている状態を言います。大体1ミリから3ミリ程度であり、色は白っぽいのが特徴です。白ニキビができたなら、基本となる普段のケアがしっかりとできていないという証拠でもあるため、『これは大丈夫かな?』と思う生活習慣があるなら、見直してみるのがポイントです。続いて、黒ニキビは、ほくろのように見えるという特徴があります。鼻の上や周辺など皮脂が多く分泌される場所にできやすいとされています。

●黒ニキビ
黒ニキビができるのは、古い角質が溜まって毛穴が皮脂で詰まってくることが原因です。炎症が起きてしまうと跡として残ってしまいやすくなるため、早めにケアをするのが賢明です。

●赤ニキビ
赤ニキビは、毛穴が塞がってアクネ菌が活性化してしまい、増殖することにより毛穴に炎症が起こって赤く腫れあがった状態になります。ニキビが気になるからと言って、多くの方が、ばい菌がついた手でべたべたと触って悪化させてしまうため、ニキビには触らないようにしましょう。

●黄ニキビ
黄ニキビは、赤ニキビが毛穴の周りの組織から真皮に到達するまで炎症をしていき、それが悪化して化膿し、真皮の中に膿が溜まり大きく腫れた状態です。白ニキビや黒ニキビであれば、生活習慣の改善や洗顔でケアができるものの、赤ニキビや黄色ニキビは自分のやり方で処置すると跡が残ってしまう可能性もあるため、皮膚科を受診されるのが無難です。

●ニキビ跡
ニキビ跡は肌にできた炎症や傷、もしくは色素沈着でのシミの状態を指します。ニキビが同じ場所に繰り返し炎症を起こしたり、傷がついたりしてしまうと、段々と深いダメージとなり、皮膚の深い部分にある組織を破壊してしまうため、ニキビが治ったとしても跡が残ってしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?ニキビはさまざまな要因が重なって出てくる、いわば肌からのSOSサイン。まずは生活習慣やスキンケアを少しずつ見直して予防を、そしてニキビが出来てしまったら出来るだけ早い段階でケアしていくことで少しずつ改善していくでしょう。ぜひ今日から心がけてみてください!