4,000円以上で送料・決済手数料無料!

お買い物ガイドQ&A


カートを見る

プリモディーネVCローションキャンペーン中
HOME   夏に受けた肌ダメージとその後のケア方法とは
夏に受けた肌ダメージとその後のケア方法とは

夏の日差しは強烈です。少しでも日光を浴びないよう、日陰を探して必死に生活する方も多いのではないでしょうか。

しかし、なぜ夏の日差しが肌にダメージを与えるのかわからない方も多いと思います。そこで、夏に受ける肌ダメージの原因について解説し、そのケア方法についても詳しく説明します。

夏の肌が受けるダメージ

夏の肌は、紫外線を多く含む夏の日光に当たって深刻なダメージを負いやすいです。これは、紫外線が肌表層の水分を奪うためです。水分を失った肌は、コラーゲンやエラスチンといった肌細胞の構成物質を失います。これらの紫外線による悪影響は「光老化」と呼ばれ、シワやシミが発生する直接の原因になります。

また、紫外線は肌をDNAレベルで傷つけます。肌の再生(ターンオーバー)が行われる周期が乱れるため、水分を失って乾燥した細胞の代謝を阻害します。

紫外線を受けた夏の肌とオフィスの冷房は相性最悪。ただでさえ水分を失っている肌を乾燥した冷気に当ててはダメージが大きくなるばかりです。さらに、暑い屋外から涼しい室内に移動する行為は悪影響に拍車をかけます。寒暖の差で身体が冷えると、血流が悪くなり、美肌の保持に必要な栄養や水分の配送が滞ります。

角質を取ってケアの準備

紫外線ダメージを受けた肌をケアする際は、不要な角質を取ることから始めましょう。乾燥で代謝が滞った肌は、角質が厚くなり、いわゆる「砂漠化」したひび割れ状態になっています。このままでは化粧水を与えても、肌まで浸透しません。

柔肌の角質を取る際は、洗顔料で優しく丁寧に汚れを落とすことが重要です。決してタオルでゴシゴシと肌を擦ってはいけません。外的刺激から肌を守るため、角質肥厚が起きます。また、1日に何度も洗顔することもおすすめできません。頻繁な洗顔は、皮脂やセラミドなどの保湿成分が失われるため肌が傷つく原因になります。すると、傷んだ肌を守るため角質肥厚が起きやすくなります。洗顔は節度をもって行いましょう。

洗顔後、美容液タイプのスキンケア剤を塗ることもおすすめです。美容液は肌への負担を減らすことで「肌ケアによる角質肥厚の発生」を極力抑えられるように作られています。毎日ケアを繰り返しても、角質発生のリスクを負いません。

化粧水で丁寧に保湿

紫外線ダメージを受けた肌をケアする際は、十分な保湿が必要です。化粧水で潤いを与えてください。

化粧水を使う際は、一度コットンに染み込ませたものを優しく顔に押し当てるようにしてください。浸透力が高まります。 手を使って化粧水をつける場合は、何回かに分けて丁寧に染み込ませる必要があります。まずは少量の化粧水を手にとって軽く顔に馴染ませましょう。その後、再度化粧水を手につけ、手のひらでジンワリと押し込むようにまんべんなく染み込ませてください。

十分な保湿には、いかに浸透させるかがポイントとなります。

まとめ

夏に受けた肌ダメージと、その後のケア方法についての解説は以上です。

肌がダメージを受ける原因がわかれば、日常生活での対策も取りやすくなりますよね。紫外線を避け、極力肌を傷めないように生活してください!

また、ダメージを受けた肌のケアも、地道な努力が必要なことが伝わったかと思います。なかなか簡単に解決できる問題ではありませんが、毎日の繰り返す努力がきっと実を結びますよ!